赤ちゃんの育児で冷静に対処したい便秘対策について

赤ちゃんの育児で冷静に対処したい便秘対策について

生まれて間もない赤ちゃんの育児で、意外に困難に直面しやすいのが便秘です。
実は新生児の間は臓器周りの筋肉が十分に発達してないので、自力で便を排出する力がまだまだ未熟です。
ですから普段から水分を含んだ食事を多めに摂らせたり、ママがお腹周りを優しくマッサージしてあげるだけでも便秘解消に有効です。
特に赤ちゃんの場合は、母乳から一度離れて離乳食に切り替えた時に腸内バランスが崩れて便秘になりやすいので、なるべく消化の良い食事を量を調節しながら上手く与えてあげましょう。
ちなみに赤ちゃんが好みやすい便秘解消に打ってつけの食材は食物繊維が豊富な芋や豆製品で、野菜も不足しないように栄養バランスをよく考えてあげると良いです。
又、すすんで運動をさせてあげる事も便通を刺激するきっかけになるので、赤ちゃんが1人で床を這うようになったら定期的にハイハイをさせ、興味を持つ対象物を増やすためにも自由に遊ばせてあげる事も効果的です。
ちなみに赤ちゃんの便秘を見破るサインとしては、急に食欲が減退する兆候があったり、ブツブツの赤い吹き出物が顔にできたりする事が約3日続いたら、先ずは食事メニューを見直す事を始め、市販の赤ちゃん向けの便秘薬の細粒を飲み物に混ぜてあげる事もお勧めです。
このように赤ちゃんの育児をしてると、便秘になる事は日常茶飯事でもあるので、あまり焦らずに普段の食事から改善策を練ってみましょう。

関連ページ

赤ちゃんを寝かしつけるために試した方法です
赤ちゃんが産まれて間もない頃は、大人と同じようなタイミングでは寝てくれないので大変だと思います。赤ちゃんが泣いているときは、おむつを替えてほしいとか、お腹が空いたとか何らかの欲求を訴えている…